社会保険労務士(社労士)の勉強・受講について

社会保険労務士(社労士)の勉強・受講についてimg003 社会保険労務士(社労士)の勉強・受講について
これから社会保険労務士の試験対策として勉強をしていく上で、通学、独学(通信講座)の学習スタイルがあります。まず通学による社会保険労務士(社労士)の学習スタイルとしては、

■通学
<メリット>
ライブで社会保険労務士の講義が視聴できるので、質の高い勉強をする事が可能。社労士のカリキュラムについても学校側があらかじめ組むので、社労士の勉強において確実にステップアップしていくことが可能です。

<デメリット>
・学習量が多くなることです。

・社労士の専門学校の受講料(授業料)が高いの

・社労士の学校への通学と受講による時間制限と時間の多さ

空いた時間ではなく、学校側の受講時間に合わせないといけません。また通学が必要になるので、その時間も拘束されます。空いた時間に有効的に勉強を行うというのは難しいです。

そこで近年、この社会保険労務士(社労士)における勉強方法としては通信講座や独学が非常に増えてます。通学による勉強もカードになってきます。



■通信講座
<メリット>
社労士の通信講座の学習では社労士試験対策におけるノウハウの詰まった教材を使い、好きな時間と場所で社労士試験対策の学習可能。家庭でも社会保険労務士授業の講義が聞け、受講生の質問にも答えてくれるので、教材そのものの質は非常に高い。
また、通学に比べては通信講座は受講料(授業料)も安く、初級者が最も学習(勉強)しやすいスタイルがこの通信講座を使った社労士の学習法です。社労士における独学と言っても過言ではないでしょう。

<デメリット>
・通信講座は独学に比べ、費用は高い
・通信講座は自分で勉強する時間を確保し管理をしなければいけません。

■社労士の通信講座の一番人気はやはりフォーサイトですね。
5157 1336704822 3 社会保険労務士(社労士)の勉強・受講について 社会保険労務士(社労士)の勉強・受講について

■独学
<メリット>
社会保険労務士向けの独学のメリットは、費用がとにかく安いことです。 社労士の勉強する時間も自分の都合や空いた時間に効率良く勉学に励むことが可能。

<デメリット>
・社会保険労務士の独学は長期間の勉強が必要で、少なくても3年以上は必要です。
⇒まとまって時間が取れず、日々空いた時間に勉強を進めていくことが前提です。

社会保険労務士(社労士)などの資格習得の勉強は効率性も重要ですが、基本的には費やした時間に比例して力が付いていきます。よってここではいかに効率良く社会保険労務士の勉学を進めていくことが出来るのか。。カードが重要になってきますね。

社労士を独学で試験に合格を目指すために、同じ人達が利用している人気の社労士の勉強法や合格法、通信講座を紹介していきますので、ぜひとも参考になればと思います。

社保ランキング 社会保険労務士(社労士)の勉強・受講について