社会保険労務士(社労士)の難易度とは

社会保険労務士(社労士)の難易度とは24031000011 社会保険労務士(社労士)の難易度とは

社会保険労務士(社労士)の難易度は、一概には言えませんが「税理士・司法書士の試験よりもやさしい」レベルと言われてます。社会保険労務士(社労士)の試験には、税理士試験や司法書士試験や中小企業診断士試験のように、「合格科目の繰り越しの恩恵がない」というまさに一発勝負の試験です。

しかし、社会保険労務士(社労士)の試験は記述問題と計算問題はなく、「5択問題70問」(7科目)+「語群選択40問」(全8科目5問ごとに構成され20個の選択肢から回答を選ぶ方式)の若干複雑ながらあくまで選択問題なので、その分は税理士試験よりも楽と言われてます。



社会保険労務士(社労士)の試験の難易度の結論としてやはり、「税理士試験よりもやさしい」レベルの難易度ですが、士業で比べるなら、次に来る行政書士よりはかなり難しいレベルになります。よって年々社会保険労務士(社労士)の試験の受験者は増えております。

社保受講 社会保険労務士(社労士)の難易度とは